横須賀市の地域バーチャルタウン(事業者情報):横須賀アッとタウン

宇内建設株式会社

QR-Code

1工区追浜排水区雨水第1幹線ほか築造工事


1工区追浜排水区雨水第1幹線ほか築造工事

1工区追浜排水区雨水第1幹線ほか築造工事
            ※上記キャラクターは西松建設のイメージキャラクタービーバーで3匹のヘルメットが各社のマークとなっています。
1工区追浜排水区雨水第1幹線ほか築造工事

☆工事名
 1工区追浜排水区雨水第1幹線ほか築造工事
☆工事場所
 横須賀市夏島町7番地先(天神橋脇)〜追浜町2丁目64番地先(良心寺前)
 横須賀市追浜本町1丁目28番地先(追浜駅前)〜鷹取2丁目16番地先(追浜小前)
☆工期
 平成21年11月13日〜平成26年3月14日
☆工事目的
 近年、全国各地で集中豪雨による浸水被害が発生しております。
 横須賀市上下水道局では、追浜・鷹取地区の浸水対策として雨水バイパス管を布設します。
 地下約10mの所にシールド工法により管路を築いて、既存水路の水を取り込み集約して鷹取川へ放流することで内水による集水被害を防ぎます。
☆工事内容
 管きょ工 親機(泥土圧シールド、仕上り内径4,250mm)  L=854m
    子機(泥土圧シールド、仕上り内径2,400mm)  L=756m
  立坑工  発進1箇所、中間2箇所、到達2箇所      N=5箇所
 特殊マンホール工
       発進1箇所、中間2箇所、到達2箇所      N=5箇所


工事範囲

工事範囲

 上図航空写真は工事範囲の全景です。
国道16号線が真ん中を縦断していて上が横浜となっています。
発進立坑は京急追浜駅から海の方(日産追浜工場方面)に向かったNo4特殊マンホールです。発進してから駅に向かい本線は国道16号を下り良心寺までとなります。
子機は駅から分岐し16号を上り、雷神社前から鷹取方面に向かい追浜小学校までとなっています。

 大きい地図が見たい方は下のリンクボタンを押して下さい。

                                                          「リンク」
工事範囲

内水による浸水とは?浸水の深さの目安は?上図の上側の説明を読んで下さい。

上図の下側は工事を分かり易く断面にしたものです。


シールドマシン

シールドマシン

今回JVで製作したシールドマシンの親機(シールド外径Ф5240mm)と子機(シールド外径Ф3280mm)です。


泥土圧シールド工法

泥土圧シールド工法

上図は泥土圧シールド工法とはどういうものかの説明です。
図が小さすぎてわからないという方は下の「リンクボタン」を押すと別窓で大きい図がご覧になれます。
「リンク」
泥土圧シールド工法

▼発進式
 平成24年3月4日、工事の安全祈願としてシールドマシン発進式を行い、場所は発進立坑に設置した防音ハウスの中です。


 来賓として横須賀市長を初め、横須賀市上下水道局長、横須賀市議会議長、神奈川県議会議員、横須賀市議会議員、地元町内会の会長等多くの人にお集まり頂きました。

 今後も安全第一に施工していきたいと思いますので、ご協力よろしくお願い致します。





宇内建設株式会社

〒 240-0101神奈川県横須賀市長坂2丁目11番11号

TEL 046-856-1802 FAX 046-857-5856